スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サド侯爵のユートピア「食人国旅行記」感想

BK118.jpg


今回はサドの異端文学・・・まあサドは基本的に全て異端文学なのですが、その中でもちょっと変わった立ち位置にあるというのが本書「食人国旅行記」ですね。

◆内容(「BOOK」データベースより
)許されぬ恋におち、駆け落ちをしてヴェニスにたどりついたサンヴィルとレオノール。二人はこの水の都で離れ離れとなり、互いに求めあって各地をめぐり歩く。―本書ではその波乱に満ちた冒険旅行をサンヴィルが回想するが、なかでも注目すべきはサドのユートピア思想を体現する食人国と美徳の国の登場で、その鮮烈な描写はサド作品中とりわけ異彩を放ち、傑作と称えられている。



◆河出文庫の不親切さ
ソドム百二十日」の時もそうでしたが、この文庫シリーズはちょっと不親切なところがありますね。
本書のタイトルこそ「食人国旅行記」ですが、実際のサドの著作にそんなものはなく「アリーヌとヴァルクールまたは哲学小説」の第2巻部分の抜き出しが、本書に収録されている内容なんですね。
つまり本書は「アリーヌと~ヴァルクール」の一部分ということです。
・・・というようなことが訳者のあとがきでやっと分かるという有様。
こういう重要なことはせめて文庫裏にでも書いとくべきなんじゃないですかね? どうなんだろう・・・



◆それはともかく内容
物語の大筋は、

主人公の恋人がさらわれる
   ↓
恋人を見つける冒険に出発する主人公
   ↓
悪徳の国(食人国)に行く
   ↓
美徳の国に行く
   ↓
生まれ故郷のフランスに戻ってきてエンド


こんな感じなんですが、驚くべきは美徳の国の存在です。
サド小説と言えば悪徳側の人間が美徳側の人間、あるいは悪徳側の人間にその哲学を語って聴かせるというパターンが多いのですが、
本書ではなんと美徳側の人間が美徳側の人間に哲学を聴かせているのです!

これはつまり「良い人」と「良い人」が平和に共演しているということで、悪人の多いサド作品の中ではかなりレア。



◆ふたつのユートピア
前述の「悪徳の国」「美徳の国」は完全な空想国家なのですが、
そのどちらもがサド的なユートピア思想に満ちあふれていて面白いです

特に美徳の国の話はサド特有の黒さがあまり見られないので、ある意味で悪徳の国の話よりインパクトが強かったり・・


◆総評
残虐描写が少なめなので一般の方にも比較的オススメできるサド小説だと思います。
長編小説の一部分ですが、本書のみでもとりあえず完結しているのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。
興味を持ったら「アリーヌとヴァルクール」に挑戦してみても良いかも知れません。


個人的評価(5段階)
【文章力】★★★★
【文体】★★★★
【ストーリー】★★★★
【キャラクタ】★★★
【萌え】★★★
【表紙】★★★
【総合評価】★★★★






◆もくじへ戻る◆

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
プルダウン月別アーカイブ

2022年 03月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【19件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【18件】
2012年 01月 【1件】
2011年 11月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【2件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【5件】

お買い得商品
おすすめアイテム
人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)
人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫) ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫) だから僕は、Hができない。 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]
だから僕は、Hができない。 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray] Fate/Zero ねんどろいど セイバー Zero Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
Fate/Zero ねんどろいど セイバー Zero Ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>
Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産> じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]
じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray] お後がよろしくって・・・よ!
お後がよろしくって・・・よ! ゆるゆり (8)巻 限定版 (百合姫コミックス)
ゆるゆり (8)巻 限定版 (百合姫コミックス) 人類は衰退しました 妖精さんの、ひみつのこうじょう (中原麻衣&花澤香菜出 演/人退&AURAコラボイベント抽選応募券付) [Blu-ray]
人類は衰退しました 妖精さんの、ひみつのこうじょう (中原麻衣&花澤香菜出 演/人退&AURAコラボイベント抽選応募券付) [Blu-ray] 人類は衰退しました (ガガガ文庫)
人類は衰退しました (ガガガ文庫) 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫) TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray]
TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray] 日常 ねんどろいど はかせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
日常 ねんどろいど はかせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 2nd A's figma 高町なのは セイクリッドモードver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 2nd A's figma 高町なのは セイクリッドモードver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) スマイルプリキュア!  【Blu-ray】Vol.1
スマイルプリキュア! 【Blu-ray】Vol.1 Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付)
Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付) スマイルプリキュア! ラバーストラップ BOX
スマイルプリキュア! ラバーストラップ BOX 初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク (1/8スケールPVC塗装済み完成品) めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)
めだかボックス 15 (ジャンプコミックス) とある魔術の禁書目録II ミサカ盛り2 (ノンスケール トレーディングミニフィギュア) BOX
とある魔術の禁書目録II ミサカ盛り2 (ノンスケール トレーディングミニフィギュア) BOX とある魔術の禁書目録 (インデックス) II 300ピース 美琴とインデックス 300-505
とある魔術の禁書目録 (インデックス) II 300ピース 美琴とインデックス 300-505 一番くじプレミアム とあるシリーズ 禁書目録×超電磁砲 A賞 インデックス プレミアムフィギュア
一番くじプレミアム とあるシリーズ 禁書目録×超電磁砲 A賞 インデックス プレミアムフィギュア
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。